【公募増資・売出(PO)は買いか?】ブックオフGHD(9278)

ブックオフ株式投資
Myriams-FotosによるPixabayからの画像
この記事は約18分で読めます。

こんにちは!

公募増資・売出(以下、PO)の実施を発表した銘柄に関して、POに応募して買った場合、利益を得ることができるのか?直近の経営状況や客観的な指標、株価モメンタム等を踏まえ、総合的に分析しました。

今回は、東証プライムから小売業種のブックオフグループホールディングスです。

最後までお付き合いいただけるとうれしいです!

インターネットでお得に取引!松井証券

  • 公募増資・売出(PO)とは?
既上場企業が新たに発行する株式(公募株式)や既に発行された株式(売出株式)を投資家に取得させることをいいます。
正確には、「PO」は「Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、日本語では「公募」と呼ばれます。「公募」とは、「不特定かつ多数の投資家に対し、新たに発行される有価証券の取得の申込を勧誘すること」をいいます。
また、「売出」とは、「既に発行された有価証券の売付けの申込み又はその買付けの申込の勧誘のうち、均一の条件で50人以上の者を相手方として行う」ことをいい、通常は「公募」「売出」を合わせて「PO」と呼ばれます。
「新規公開株(IPO)」は未上場企業が直接金融市場からの資金調達や知名度・信用力の向上を目的として証券取引所に新規上場するために一般投資家に株式を取得してもらう行為であるのに対して、「公募・売出(PO)」は既に上場していて証券取引所での株式取引が行われている企業が追加の資金調達や大株主の保有株売却などを目的として一般投資家に株式を取得してもらう行為であり、「新規公開株(IPO)」と「公募・売出(PO)」の違いを簡単にいえば、実施する企業が「未上場」か「既上場」かの違いといえます。

POの概要

まとめ

今回のPOは、公募による自己株式の処分です。処分価格等決定日や受渡期日、処分数量等は表1のようになっています。

ディスカウント率は、「処分価格等決定日」に決まり、その日の終値から数%です。

ちなみに、直近の主なPOのディスカウント率は、JR西日本(9021) 3.01%、日本郵政(6178) 2.01%、クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387) 3.09%となってますが、ほぼほぼ2~4%程度です。

ただ、ディスカウント率が大きいPOもあり、直近ではENECHANGE(4169)の8.1%が最大です。

注意点として、どの証券会社でも購入できるわけでなく、主幹事(今回は、野村證券)はじめ、引受人の証券会社で購入申込可能です。

早ければ、4/19(火)の夕刻に、会社側から発行価格等のお知らせが適時開示であります。このブログ記事も更新しますので、チェックしてくださいね💖

処分価格等決定日2022 年4月 19 日(火)
受渡期日
(POで買った場合はこの日から売却可能)
2022 年4月 27 日(水)
公募による自己株式の処分(一般募集)数量普通株式 2,000,000
発行済み株式総数 20,547,413 株 の約9.7%
株式の売出し
(オーバーアロットメントによる売出し)数量
普通株式 300,000 株(実施決定(4/19)
※上記の「処分価格等決定日」に決定野村證券が売出す。
調達資金手取り概算額(上限)23.6 億円
処分価格962 円(4/19決定)
ディスカウント率3.51 %(4/19決定)
申込単位数量100 株
主幹事野村證券
表1:ブックオフGHD PO概要

【自己株式処分の目的】

  • 同社グループは「事業活動を通じての社会への貢献」「全従業員の物心両面の幸福の追求」の2つを経営理念とし、
    中古書籍等の小売店舗「BOOKOFF」を中心に、「リユース」を切り口とした小売店舗の運営及びフランチャイズ事業を行っている。
  • 近年、フリマアプリに代表される CtoC サービスやネット型 BtoC サービスの拡大が急速に進んでおり、国内リユース市場は拡大を続けている一方で、市場における競争環境は激しさを増しており
    このような環境のもと、同社グループは 2020 年5月に創業 30 周年を迎えるにあたり、2018 年に中期経営方針を策定し、「多くの人に楽しく豊かな生活を提供する」を私たちのミッションとして新たに掲げ
    事業面のビジョンとして「リユースのリーディングカンパニーになる」
    組織面のビジョンとして「自信と情熱を持って、安心して働き、成長できる会社になる」
    をそれぞれ定め、人財育成を中心に事業成長と組織成長の両軸でグループ運営を進めてきた。
  • 中期経営方針においては、基本戦略として
    店舗型とネット型それぞれのパッケージ・サービスに応じた磨き込みを行う「個店を磨く」
    会員制度や販売・買取のプラットフォーム、それらを支えるシステム等を統合・共通化し『ひとつの BOOKOFF』を実現する「総力戦で取り組む」
    の2つを掲げて進めてきた。
    結果として、グループの中核事業である国内ブックオフ事業において、各店舗で書籍を中心に地域に根ざした売場づくりを進める一方、会員制度の中核を担う公式スマホアプリの会員数が450 万人規模に成長し、
    ネットと店舗のサービス連携が進んだ結果として、新型コロナウイルス感染症の拡大があった中でも、グループ全体で安定した収益を獲得している。
  • 今後は、安定した収益の土台となる「国内ブックオフ事業」、成長を期待する「富裕層向け事業」、「海外事業」という3つの柱を中心に、新たな成長領域も継続して探索する活動を行うことで、グループが持続的に事業規模拡大と利益成長を実現することを目指す
  • 今回の自己株式の処分による調達資金は、同社子会社への融資を通じて様々な商材のリユースをお客様に体験する場を広げるために、国内ブックオフ事業における大型複合店 BOOKOFF SUPER BAZAAR や、エンターテインメント性を強化した BOOKOFF の新店舗開設資金、富裕層向け事業における hugall 百貨店内買取窓口や都内中心部での BOOKOFF 総合買取窓口の開設資金、トレーディングカード専門店 Japan TCG Center の開設資金、
    そして『ひとつの BOOKOFF』の更なる進化や発展に向けた EC サイトシステム再構築及び公式スマホアプリ開発・改良のためのソフトウエア開発資金などに充当する予定。
  • 調達資金を活用することで、拡大するリユース市場の中で同社グループの強さを活かし、「本を中核としたリユースのリーディングカンパニー」として、最も多くのお客様がご利用されるリユースチェーンになるとともに、
    同社グループの企業価値及び株主価値の最大化並びに循環型社会の実現への貢献を目指す

【調達資金の使途】

  • 11.0 億円(2023 年5月末まで)
    ブックオフコーポレーション㈱における BOOKOFF SUPER BAZAAR※1、BOOKOFFhugall 百貨店内買取窓口※2及び BOOKOFF 総合買取窓口※3の新店舗開設資金等
    ※1:BOOKOFF SUPER BAZAAR は、本、CD・DVD、ゲームに加え、洋服・ブランド品、トレカ・ホビー、雑貨、スポーツ用品、食器など様々な商材の買取・販売を行う複合施設
    ※2:hugall 百貨店内買取窓口は、大手百貨店内で、ブランド品、ジュエリーのほか、骨董品、美術品などの高価格帯商材の買取を行う施設
    ※3:BOOKOFF 総合買取窓口は、都心部においてアパレル、貴金属・ブランドバッグ、小型家電など買取に特化した施設
  • 2.0 億円(2023 年 12 月末まで)
    ㈱BOチャンスにおける Japan TCG Center(新品・中古トレカ等の買取・販売)の新店舗開設資金
  • 残額(2025 年5月末まで)
    ブックオフコーポレーション㈱における EC サイトシステム再構築POS・販売管理システム再構築及び公式スマホアプリ開発・改良のためのソフトウエア開発資金

に充当する予定としています。

今回の株式の売出数量は、発行済み株式総数の約9.7%(OAを含めた最大の株数で11.1%)で、

直近の自己株式の処分(株式の売出を含む)のPOの売出株数比率(OA含む)は、リンクアンドモチベーション 10.2%、ネクステージ 2.5%、朝日放送グループ 3.4%でしたので、それと比較すると多い数量です。

また、この銘柄の直近の出来高(売買が成立した株の数量)の5日平均は4,087百株、25日平均は1,074百株で、流動性は少し高い水準です。

どんな会社?

ブックオフ

1990年に創業し、「事業活動を通じての社会への貢献」と「全従業員の物心両面の幸福の追求」という二つを経営理念とし、

中古書籍等の小売店舗「BOOKOFF」を中心に、「リユース」を切り口とした小売店舗の運営及びフランチャイズ事業を行っている会社です。

現在は、グループ全体で国内外約800店舗を運営しています。

また、リユース市場の成長に合わせて、富裕層向けの新たなリユース事業や、日本国内にとどまらず海外への事業展開も積極的に行っています。

事業内容は、主に「国内ブックオフ事業」「富裕層向け事業」「海外事業」の3つがあり、

  • 国内ブックオフ事業
    • BOOKOFF
      本・CD・DVD・ゲーム・トレカ・ホビー・携帯電話などの買取・販売
    • BOOKOFF SUPER BAZAAR
      洋服・ブランド品・雑貨・スポーツ用品・食器などの買取・販売
    • BOOKOFF PLUS
      本・CD・DVD・ゲーム・トレカ・ホビー・携帯電話・洋服・服飾雑貨などの買取・販売
    • BOOKOFF Online」(ブックオフオンライン)
      自宅に居ながら、書籍やコミック、CDやDVD・ゲームなど、様々なアイテムを「買う」ことや「売る」ことができる、日本最大級の中古販売・買取サイト
  • 富裕層向け事業
    • 総合買取窓口
      洋服・ブランド品・小型家電などを中心とした買取特化型店舗
    • hugall
      大手百貨店に買取ご相談窓口を開設。ブランド品、ジュエリーのほか、骨董品、美術品などの高価格帯商材を買い取り、EC及びBtoBで販売
    • aidect(アイデクト)」
      東京に自社工房を構え“timeless european attribute”のエッセンス、そして卓越した技術・職人の手仕事による“Japan Quality”それらを絶妙なバランスで調和させたものづくりをしているジュエリー オーダー&リフォーム スペシャリティストア
  • 海外事業
    • BOOKOFF USA」 (アメリカ合衆国9店舗)
      現地での本・ソフトメディアの買取・販売のほか、日本国内のアニメ商材などが人気を博している。
    • Jalan Jalan Japan」(マレーシア8店舗)
      日本国内のBOOKOFF等の店舗で販売に至らなかった商品を現地で販売。「Preloved in Japan」をコンセプトに、商品量の多さ、価格の安さが現地のお客様のニーズにマッチ

2021年5月期通期(2020年4月1日~2021年5月31日の14カ月間の変則決算)の売上高構成比は、

  • 国内直営店 95.0%
    • BOOKOFF(BOOKOFF Online含む) 90.7%
    • その他リユース(hugall,aidect) 4.4%
  • 海外直営店 1.8%
  • FC(FC加盟店に対する商品、備品消耗品の売上、FC加盟店からのロイヤリティ収入、システム手数料等) 2.4%
  • その他 0.7%

となっており、国内の「BOOKOFF」の売上が9割を占めています。

直近の経営概況

経営状況

2022年5月期3Q(2021年6月~2022年2月)の経営成績】(2022年4月8日発表)

決算期売上高
[億円]
(前年同期比[%])
営業利益
[百万円]
(同)
経常利益
[百万円]
(同)
親会社株主に
帰属する
当期純利益
[百万円]
(同)
2021年5月期3Q累計582
(△6.5)
737
(△11.1)
1,113
(△7.6)
△44
(ー)
2022年5月期3Q累計 ※673
(ー)
1,595
(ー)
2,041
(ー)
1,290
(ー)
2022年5月期通期会社予想 ※
(2022年4月8日修正)
890
(ー)
1,800
(ー)
2,300
(ー)
1,400
(ー)
通期予想に対する3Qの進捗率[%]75.688.688.792.1
表2:ブックオフGHD 2022年5月期3Q経営成績
※2021年5月期より決算日を3月31日から5月31日に変更しており、これに伴い、2022年5月期3Q(2021年6月1日から2022年2月28日まで)は、比較対象となる2021年5月期3Q(2020年4月1日から2020年12月31日まで)とは対象期間が異なるため、2022年5月期3Qの対前年同四半期増減率については記載なし

2022年5月期3Q累計の業績は、比較対象となる期間が異なるため単純比較はできませんが、前年同期比 増収増益で、売上高は1割強増、利益面は2倍程度の増益となっており好調です。

2022年5月期通期の業績は、前期は14カ月間の変則決算だったため比較はできませんが、今回のPO発表の1営業日前に上方修正しています。(【今期(2022年5月期通期)業績の見通し】の項ご参照)

上方修正後の通期予想に対する進捗率は、3Q終了時点で売上高は3/4ほどでまあまあ利益面は9割程度に達しており順調です。

【2022年5月期3Qの状況、経営成績の要因】

2022年5月期は、新型コロナウイルス感染症の影響が続く中で、国内ブックオフ事業における安定収益をより強固なものとするため、

戦略的なIT・マーケティング投資に加えて「BOOKOFF SUPER BAZAAR」の収益力回復のためのリニューアル投資や、成長期待分野である富裕層向け事業、海外事業における収益向上のための新たな挑戦を実行する一年と位置づけています。

また、「ひとつのBOOKOFF」構想を実現するべく、公式アプリ会員の獲得とともに、会員限定のクーポンの配布やセールキャンペーン、アプリ内で購入した商品の店舗受取等サービス施策の充実等、

ECサイト「BOOKOFF Online」を活用したオムニチャネル化顧客との設定医となるあらゆる経路を統合・連携させ、販売促進につなげるマーケティング手法)並びにO2O実店舗への来店や店頭での購入など オフライン での行動を促すことを目的とするオンラインでの活動戦略を推進するべく、継続的に投資を行っています

当3Q連結累計期間の、

国内ブックオフ事業においては、既存の「BOOKOFF SUPER BAZAAR」や「BOOKOFF PLUS」のリニューアルを積極的に実施しました。

主要商材である書籍の売上高が、巣ごもり需要が旺盛であった前年同月期間を下回った一方で、

トレーディングカード・ホビーの売上高が、トレーディングカード売場の拡大、デュエルスペース(トレーディングカードゲーム(トレカ対戦)を行う場所)の設置等積極的な販売施策を展開した効果等により、前年同月期間を大幅に上回りました

富裕層向け事業は、百貨店内買取窓口等が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたものの、売上高は前年同月期間を上回りました

海外事業は、「Jalan Jalan Japan」がマレーシア国内のロックダウンの影響により休業を余儀なくされたものの、

ロックダウン解除後の客足は順調に推移し、足元の売上高はコロナ前水準まで回復しました。

また、アメリカ合衆国内の「BOOKOFF」は、現地でのSNS等を使用した認知向上を図ったことにより、店頭での買取・販売が好調に推移し、特に現地書籍やアニメグッズ等の売上高が前年同月期間を大幅に上回りました

また当3Q連結累計期間において、アメリカ合衆国にBOOKOFF KAKA’AKO STORE店を、マレーシア国にJalan Jalan Japan Masai店を出店しました。
このほか、東京都武蔵野市に同社グループ初のトレーディングカード専門ショップとなるJapan TCG Center 吉祥寺駅北口店を出店しました。

当該店舗はトレーディングカードの買取・販売だけでなく、新品パックやトレーディングカードに関連するグッズ類も豊富に取り揃え、店舗で遊べるデュエルスペースも完備しています。

これらの結果、表2の経営成績となっています。

【財政面の状況】

自己資本比率>(自己資本(総資本-他人資本)÷総資産)×100

2022年5月期3Q末時点で34.3%と前期末(31.9%)から2.4ポイント増加しました。

これは主に、利益剰余金が前期末比で11.8億円増加し、株主資本増加したためです。

自己資本比率の数値としてはまだ問題ないレベルです。(20%以上を安全圏内としています。)

【今期(2022年5月期通期)業績の見通し】

今回のPO発表の1営業日前に、通期業績予想上方修正しています。

また、配当予想についても前回予想から5円増額しています。

通期業績予想は、表4のようになっています。

売上高
[億円]
営業利益
[百万円]
経常利益
[百万円]
親会社株主に
帰属する
当期純利益
[百万円]
1 株当たり
当期純利益

[円]
1 株当たり
年間配当金
[円]
前回(2022/1/13)
発表予想
8701,3501,80085040.7015
今回(4/8)
修正予想
8901,8002,3001,40080.2120
増減額20450500550
増減率[%]2.333.327.864.7
表3:2022年4月8日修正 2022 年5月期通期連結業績予想

今年1月時点の予想から、売上高は微増ですが、利益面は3~6割強の増額修正をしています。

修正の理由は、

国内ブックオフ事業において、トレーディングカード・ホビーを中心に既存店売上高が想定を上回って推移したこと、

海外事業において、米国、マレーシアそれぞれでの販売が好調に推移したことなどにより、前回公表予想を上回る見通しとしています。

配当についても、

同社は、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続していくことを基本方針としており、

この基本方針ならびに今回の通期連結業績予想の修正を踏まえ、2022 年 5 月期の期末配当予想について、前回発表予想より 5 円増配1 株あたり 20 円(期末一括)に修正しています。

こちらは、株主にとってうれしい内容ですね!

株価指標と動向

株価指標

【2022/4/12(火)終値時点の数値】

  • 株価:1,011円
  • 時価総額:207億円
  • PER(株価収益率):19.5倍

PERは、同業で時価総額が近い、ゲオホールディングス(2681) 11.7倍、トレジャー・ファクトリー(3093) 23.5倍、ハードオフ(2674) 13.0倍と比較すると、中間的な水準です。

  • PBR(株価純資産倍率):1.33倍
  • 信用倍率(信用買い残÷信用売り残):0.45倍
  • 年間配当金(予想):20円(年1回 5月)、年間利回り:1.9%(配当性向 24.9%)
決算期1株当たり
年間配当金(円)
配当性向(%)
2019年3月期1513.4
2020年3月期43.6
2021年5月期 666.4
表4:ブックオフGHD 年間配当金推移

配当金の年利回り1.9%で、東証プライムの単純平均2.23%(4/11時点) と比較すると少し低い水準です。

表4のように、上場(2018年10月)から3年間の配当金6~15円で推移しています。

配当性向は、13~66%と幅があります

この会社は、

利益配分を経営の最重要事項の1つと認識し、業績向上を通じた増配を目指しつつ、内部留保は、財務体質の強化と将来の事業基盤強化につながる戦略投資に対して有効に活用する方針です。

また、連結純利益に対する配当性向は30~35%程度を目処に、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続していくことを基本方針としています。

今回の通期業績予想時点(4/8)での配当性向は24.9%ですので、この方針通りになれば、最終的には再度増配の可能性もあると思います。

【株主優待】

この会社は株主優待があり、毎年5月末に100株以上保有の株主は、

  • 2,000円相当のブックオフグループ買物券(店舗のみ使用可能、200株以上:3,000円、500株以上:5,000円)
    ※3年以上継続保有の場合:100株以上 2,500円相当、200株以上 4,000円相当、500株以上 7,500円相当

が進呈されます。

3年未満の100株保有の場合、配当金+株主優待(2,000円相当)は、年利回り 3.9%となります。こちらは個人投資家にとってうれしい内容ですね!

【直近の株価動向】

<週足チャート(直近2年間)>

出所:楽天証券サイト

週足ベースの株価は、一昨年のコロナショック時の安値から、高値切り上げ安値切り上げの右肩上がりの上昇トレンドを継続しています。

<日足チャート(直近3か月間)>

出所:楽天証券サイト

直近の株価は、4/8に年初来高値(1,248円)をつけるまで上昇トレンドで推移していましたが、

今回のPO発表を受け、その翌営業日(4/12)は1株当たり利益の希薄化や需給悪化懸念から、窓を開けて出来高を伴い大きく下げ、前日比 217円安(-17.6%)で終了しました。

長い間、株価が上昇していただけに、反動でどこまで下げるか見通せない状況です。

まずは、節目の1,000円をキープして上昇基調に戻っていくのか、下抜けて下落トレンドを決定づけるのか要注目です。

まとめ

環境保護

【業績】

  • 2022年5月期3Qの業績は、比較対象となる期間が異なるため単純比較はできないが、国内ブックオフ事業、海外事業が好調で、前年同期比 増収増益で、売上高は1割強増、利益面は2倍程度の増益となっており好調
  • 2022年5月期通期の業績予想は、今回のPO発表の1営業日前に上方修正しており、今年1月時点の予想から、売上高は微増だが、利益面は3~6割強の増額修正している。
  • その通期予想に対する進捗率は、3Q終了時点で売上高は3/4ほどでまあまあ利益面は9割程度に達しており順調

【株主還元】

  • 配当金は今回の業績の上方修正とともに、1株当たり5円増配し年間 20円となっており、年利回りは1.9%で、東証1部の単純平均2.23%(4/11時点) と比較すると少し低い水準
  • 直近3年間の配当金は、6~15円で推移しており、配当性向13~66%と幅がある。
    会社の方針は、配当性向は30~35%程度を目処としており、現時点の配当予想からすると、このままの業績でいけばさらなる増配もありそう
  • 株主優待があり、毎年5月末に100株以上保有の株主は、2,000円相当のブックオフグループ買物券(200株以上:3,000円、500株以上:5,000円)が進呈され、
    3年未満、100株保有の場合、配当金+株主優待は年利回り 3.9%となる。

【流動性・売出株数】

  • 直近の出来高5日平均は4,087百株、25日平均は1,074百株で、流動性は少し高い水準
  • 今回の自己株式の処分数量は、発行済み株式総数の約9.7%(OAを含めた最大の株数で11.1%)で、
    直近の自己株式の処分(売出を含む)のPO(リンクアンドモチベーション、ネクステージ、朝日放送グループ)の株式の売出比率(OA含む)と比較すると多い数量

【株価モメンタム】

  • 週足ベースの株価は、一昨年のコロナショック時の安値から、高値切り上げ安値切り上げの右肩上がりの上昇トレンドを継続中
  • 直近の株価は、4/8に年初来高値(1,248円)をつけるまで上昇トレンドで推移していたが、
    今回のPO発表の翌営業日(4/12)は、1株当たり利益の希薄化や需給悪化懸念から、窓を開けて出来高を伴い大きく下げ、前日比 217円安(-17.6%)で終了
  • 今後の株価は、長い間、株価が上昇していただけに、反動でどこまで下げるか見通せない中
    節目の1,000円をキープして上昇基調に戻っていくのか、下抜けて下落トレンドを決定づけるのか要注目。

以上のことから、

レベル(最低⭐~最高⭐⭐⭐⭐⭐)
業績⭐⭐⭐⭐
株主還元(配当、株主優待等)⭐⭐⭐⭐
株価モメンタム⭐⭐
流動性⭐⭐⭐⭐
株式の処分(売出)数量⭐⭐
総合判定⭐⭐⭐(中立)
※「総合判定」=⭐4つ以上「買い」、⭐3つ「中立」、⭐2つ以下「見送り」

と判断しました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

※株式投資の実際の売買は、自己判断、自己責任でお願いします。

タイトルとURLをコピーしました