【自社株買いは買いか?】CKサンエツ(5757)

銅メッキ株式投資

こんにちは!

直近で自社株式の取得を発表した銘柄に関して、この発表のタイミングで株を買った場合、利益を得ることができるのか?直近の経営状況や客観的な指標、株価モメンタム等を踏まえ、総合的に分析しました。

今回は、東証1部から非鉄金属業種のCKサンエツです。

最後までお付き合いいただけるとうれしいです!

インターネットでお得に取引!松井証券

初株キャンペーン
  • 「自社株買い」とは?

上場企業が自らの資金を使って、株式市場から自社の株式を買い戻すことをいう。

日本証券業協会HP 金融・証券用語集

自社の株を買った後は、

  1. 買い戻した株式を消却する。(無効とする。)
  2. 金庫株としてそのままにしておき、いずれ資金調達などの目的で売却する。

の2通りあります。

自社株買いのメリットとデメリット

<メリット>

  1. 発行済み株式数が減るため、会社の利益総額が変わらなければ、1株当たり利益(EPS)が増えるので、企業価値が上がる=株価が上がる可能性がある。(配当とともに株主還元の一つ)
  2. 配当金の支払いが少なくて済む。(企業側のメリット)
  3. 敵対的買収の防衛策(株価が上がって敵対企業が株を買いにくくなることと、市場に出回る株数の割合が少なくなるため)
  4. ROE(株主資本利益率:ROE = 当期純利益 ÷ 自己資本×100(%))が上がる。
    • 自社株買いを行った場合、自己資金が減りますので、分母の「自己資本」が少なくなりROEが上がります。
  5. 自社の株価は「割安」というメッセージを送ることができる。
    • 自社の株が安い時に買った方が、購入資金が少なくて済みます。(企業側のメリット)

<デメリット>

  1. 自己資金が減り、設備投資などの自社の成長に回せる資金が少なくなる。
  2. 自己資本比率(自己資本(総資本-他人資本)÷総資産) ×100)が下がる。

などがあります。

それでは、見ていきましょう!

自己株式取得の概要

雷鳥

会社から発表された自己株式取得の概要は、表1のようになっています。

株数と金額の上限が設定されていますが、株価が上がれば、取得に必要な金額も大きくなりますので、予定の取得株数よりも少なくなることが多いです。

自己株式の取得を行う理由株主還元および資本効率の向上と経営環境に応じた機動的な資本政策を遂行するため
自社株買い発表日2021年10月19日(火)
取得期間2021年10月20日~ 2022年10月19日
取得株式の総数普通株式 25万株(上限)
発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合:2.82%
取得金額の総額10億円(上限)
取得方法東京証券取引所における市場買付
表1:CKサンエツ 自社株買い概要

今回の株式の取得数量は、発行済み株数(自己株式除く)の2.82%と自社株買いの数量としてはほどほどの水準※です。

※一概に言えませんが、目安として、5%以上:かなり多い、3%以上5%未満:多い、1%以上3%未満:ほどほど、1%未満:少ないとしています。

この銘柄の直近の出来高(売買が成立した株式の数量)の5日平均は181百株、25日平均は93百株ですので、流動性は低い水準です(1,000百株を平均水準としています)。

また、この会社は、今回の自社株買いの発表と同時に、

来年4月からの東京証券取引所(以下、東証)市場再編による「プライム市場」の上場基準を満たすため、適合の為の計画書を東証に提出したと発表しました。

同社の適合状況として、流通株式数(基準:2万単位以上)、流通株式時価増額(100億円以上)、流通株式比率(35%以上)、1日平均売買代金(0.2億円以上)のうち、「1日平均売買代金」のみ基準を満たしていないということで、

  • 企業価値の向上
  • 流通株式数及び株式出来高の増加

を取組むとしています。

今回の自社株買いは、この「プライム市場」の上場基準を満たすため、自社の株価を上げ、1日当たりの売買代金を引き上げようという狙いもあるものと推測します。

どんな会社?

富山

シーケー金属株式会社サンエツ金属株式会社を中核とし、事業会社10社を子会社化している持株会社です。

シーケー金属は、地球環境に配慮した配管機器をCKブランドで提供するユニークなメーカーで、世界で初めて環境対応を実現した溶融亜鉛鍍金の加工メーカーです。

サンエツ金属は、日本最大の黄銅(銅と亜鉛の合金で、特に亜鉛が20%以上のものをいう。真鍮(しんちゅう)と呼ばれることも多い。)棒メーカーであると同時に、日本最大の黄銅線メーカーです。

事業セグメントは、以下のようになっています。

  • 伸銅・・・黄銅棒、黄銅線、黄銅管
  • 精密部品・・・カメラマウント、フレアナット、ザルボ
  • 配管・鍍金(メッキ)・・・配管機器、溶融亜鉛鍍金

があり、2021年3月期通期の売上高構成比は、

  • 伸銅 82.2%
  • 精密部品 4.6%
  • 配管・鍍金 13.2%

となっており、伸銅の売上が8割以上を占めています。

直近の経営概況

経営状況

2022年3月期1Q(2021年4月~2021年6月)の経営成績】(2021年8月13日発表)

決算期売上高
[億円]
(前年同期比[%])
営業利益
[百万円]
(同)
経常利益
[百万円]
(同)
親会社の所有者に
帰属する純利益
[百万円]
(同)
2021年3月期1Q累計146
(△27.0)
174
(△86.2)
△1,289
(ー)
△886
(ー)
2022年3月期1Q累計278
(90.4)
3,235
(18.6倍)
2,575
(ー)
1,555
(ー)
2022年3月期通期会社予想
(2021年8月13日修正)
1,100
(59.1)
7,500
(39.1)
6,500
(15.4倍)
4,000
(23.0)
通期予想に対する1Qの進捗率25.2%43.1%39.6%38.9%
表2:CKサンエツ 2022年3月期1Q経営成績

2022年3月期1Qの業績は、前年同期比 増収増益で、売上高は9割増、利益面は経常利益と純利益は黒字転換し、営業利益は何と19倍もの利益を出しており好調です。

通期予想(8/13に上方修正した数値)に対する進捗率は、売上高はそこそこですが、利益面は計画以上の進捗となっています。

【2022年3月期1Qの状況、経営成績の要因】

自動車や家電業界では、半導体の供給が不足したため、生産調整が発生しました。

また、中国が、5月1日に粗鋼や銑鉄の輸入関税をゼロにするとともに、鋼材輸出に対する増値税の還付を撤廃したため、鉄スクラップや鉄鋼製品の国内価格が上昇しました。

同社グループの主要原材料で国際相場商品である銅の建値は、5月にトン当たり119万円となり、史上最高値を更新しました。

同社の100%子会社のサンエツ金属株式会社は、日立アロイ株式会社から譲受した黄銅線製造設備を収容するため、高岡市で工場建屋の建設に着手しました。

この結果、当1Q期間の業績は、伸銅事業の販売量の回復と銅相場の高騰により表2の業績となりました。

【セグメント別の業績】

セグメント別の業績は、表3の結果になりました。

セグメント売上高[億円]
(前年同期比[%])
営業利益
[百万円](同)
伸銅243
(108)
2,791
(ー)
精密部品11.9
(63.1)
74
(ー)
配管・鍍金22.8
(4.1)
275
(28.2)
表3:2022年3月期1Q  セグメント別業績

3セグメント共に前年同期比 増収増益で、特に「伸銅」と「精密部品」が好調で、売上高が大幅に増加し、利益は黒字転換しました

「配管・鍍金」は、売上高は微増ですが利益は3割弱の増益の結果でした。

伸銅

前1Q期間に低迷した住宅・建設や、電気・電子機器などの分野での需要が回復したため、販売量は2万9,275トン(前年同四半期比40.8%増加)しました。

精密部品

前1Q期間に低迷した需要が回復しました。

配管・鍍金

(会社側コメントなし)

【財政面の状況】

自己資本比率(自己資本(総資本-他人資本)÷総資産)×100)は、2022年3月期1Q末時点で50.6%と前期末(53.3%)から2.7ポイント減少しました。

これは主に、支払手形及び買掛金が17.1億円、短期借入金が26.6億円増加し、

流動負債が前期末に比べ46.2億円増加したためです。

自己資本比率の数値としては問題ないレベルです。(20%以上を安全圏内としています。)

【今期(2022年3月期)の見通し】

2022年3月期1Qの業績発表と同時に、通期業績予想を上方修正しています。通期予想は表4になっています。

売上高
[億円]
営業利益
[百万円]
経常利益
[百万円]
当期純利益
[百万円]
1 株当たり
当期純利益

[円]
前回発表予想9004,8005,0003,000362.47
今回修正予想1,1007,5006,5004,000483.20
増減額2002,7001,5001,000
増減率[%]22.256.330.033.3
表4:2021年8月13日発表 2022 年3月期通期連結業績予想

売上高は2割、利益面は営業利益が5割、経常利益と純利益が3割程度増額しています。

修正の理由は、

主要原材料である銅の相場価格が上昇し、販売量が増加したため、売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益が前回予想を上回る見込みとなったため、としています。

配当金の増額修正はありませんでしたが、今後もこのままの好調さが続けば、増額もありそうですね。

株価指標

株価指標

【10/21(木)終値時点の数値】

  • 株価:3,295円
  • 時価総額:292億円
  • PER:6.91倍

PERは、同業で時価総額が近い、DOWAホールディングス(5714) 6.5倍、UACJ(5741) 10.3倍、日本伸銅(5753) 4.3倍と比較すると、中間的な水準です。

  • PBR:0.77倍
  • 信用倍率(信用買い残÷信用売り残):ー(信用売り残無し)
  • 年間配当金(予想):60円(年2回 9月 30円、3月 30円)、年間利回り:1.8%(配当性向 12.4%) 

配当は年利回り 1.8%で、東証1部の単純平均1.82%(10/20時点) と同水準です。

直近の配当金は、表5のようになっています。

2018年3月期に2倍以上の配当になり、それ以降は60~70円とほぼ一定です。

決算期1株当たり
年間配当金(円)
配当性向(%)
2017年3月期258.0
2018年3月期6013.2
2019年3月期6014.6
2020年3月期7016.5
2021年3月期60283
表5:CKサンエツ 年間配当金推移

配当性向は、業績が振るわなかった2021年3月期を除き、10%台で安定しています。

この会社は、

利益配分は、業績に応じた適正な利益配分を安定的に行なうことを基本方針としています。

株主配当は、自己資本比率の向上を図りつつ、業績に応じた配当を行うよう努力をする、としています。

【株主優待制度】

この会社は株主優待があり、3月末に100株以上保有の株主に、

  • 富山のコシヒカリ無洗米 5㎏
  • 富山の名水2リットル(ペットボトル)×2本

が贈呈されます。こちらはうれしいですね!

<週足チャート(直近2年間)>

出所:楽天証券サイト

株価は、昨年のコロナショック時の安値(1,900円)を付けた後、右肩上がりの上昇トレンドで推移しましたが、今年の3月末に高値(4,825円)を付けた後は、下落トレンドで推移しています。

直近では、安値切り上げの動きも出てきていますので、今後、高値切り上げの動きがあるのか注目です。

<日足チャート(直近3か月間)>

出所:楽天証券サイト

直近の株価は、9/14に高値(3,525円)を付けた後、下落基調で推移しましたが、10月中旬ごろから値を戻しており、

今回の自社株買い発表の翌営業日(10/20)は、前日比 180円高(+5.7%)と窓を開けて出来高を伴い急騰しました。

今後は、 9/14の高値を上抜け高値切り上げの動きになれば、一段高も狙えそうです。

まとめ

まとめ

【業績】

  • 2022年3月期1Qの業績は、前年同期比 増収増益で、売上高は9割増、利益面は経常利益と純利益は黒字転換し、営業利益は19倍もの利益を出しており好調。
  • 2022年3月期1Qの業績発表と同時に、通期業績予想を、主要原材料である銅の相場価格が上昇し販売量が増加したため、売上高は2割、利益面は営業利益が5割、経常利益と純利益は3割程度増額している。
  • 2022年3月期通期会社予想は、上記の上方修正の数値で、前期比で売上高は6割増、利益面は営業利益は4割増、経常利益は15倍、純利益は23倍と、驚異的な伸びを予想。

【株主還元】

  • 配当の年利回りは1.8%で、東証一部の単純平均1.82%(10/20時点) と同水準。
  • 株主優待があり、3月末に100株以上保有の株主に、富山のコシヒカリ無洗米 5㎏と富山の名水2リットル(ペットボトル)×2本がいただける。

【流動性・自社株買い数量】

  • 直近の出来高の5日平均は181百株、25日平均は93百株で、流動性は低い水準。
  • 自社株買いの株数は、発行済株式総数(自己株式を除く)の2.82%とほどほどの数量。

【株価モメンタム】

  • 株価は、昨年のコロナショック時の安値(1,900円)をつけた後、今年の3月末に2倍以上の高値(4,285円)まで上昇トレンドで推移してきたが、その後は下落基調で推移。
  • 今回の自社株買い発表の翌営業日(10/20)は、市場に好感され、出来高を伴い180円高(+5.7%)した。今後は、直近の高値(9/14:3,525円)を上抜けてくれば、さらなる株価上昇が期待できそう。
  • 来年4月からの東証の市場再編における、最上位の「プライム市場」入りを目指すと宣言し、計画書を提出しており、今後株価が下落すれば、株価を下支えする施策を打ってくる可能性あり。

以上のことから、

レベル(最低⭐~最高⭐⭐⭐⭐⭐)
業績⭐⭐⭐⭐⭐
配当を含む株主還元⭐⭐⭐⭐
株価モメンタム⭐⭐⭐⭐
流動性⭐⭐
自社株買い数量⭐⭐⭐
総合判定⭐⭐⭐⭐(買い)
※「総合判定」=⭐4つ以上「買い」、⭐3つ「中立」、⭐2つ以下「見送り」

と判断しました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

※株式投資の実際の売買は、自己判断、自己責任でお願いします。

インターネットでお得に取引!松井証券

初株キャンペーン
タイトルとURLをコピーしました