【2022年公募増資・売出】投資口価格上昇率ランキング TOP5✨(J-REIT編)

上昇公募増資・売出(PO)
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!

2022年に公募増資・売出(PO)が実施されたJ-REIT(インフラファンド含む)の中で、一番利益が出た銘柄は何か?

受渡日当日と受渡日1週間後の投資口価格上昇率を、ランキング形式で集計しました。

最後までお付き合いいただけると嬉しいです💖

インターネットでお得に取引!松井証券

【受渡日当日の寄付で売却した場合】投資口価格上昇率TOP5

株価指標

まずは、発行価格で買って受渡日の寄付で売却した場合の、投資口価格上昇率TOP5を見てみましょう。

※売買手数料は考慮していません。

順位銘柄投資対象受渡日発行
価格
(a)
[円]
ディス
カウント率
[%]
受渡日
終値(b)
[円]
上昇額
(b-a)
[円]
上昇率
[%]
スターツ
プロシード
(8979)
住宅11/2
(水)
210,9412.5236,30025,35912.0
ヘルスケア&
メディカル
(3455)
ヘルスケア
住宅
2/2
(水)
124,7642.5136,20011,4369.2
三菱地所
物流リート
(3481)
物流施設3/2
(水)
406,9652.5435,00028,0356.9
三井不動産
ロジパーク
(3471)
物流施設2/2
(水)
545,1902.5579,00033,8106.2
平和不動産
リート
(8966)
オフィス
住宅
6/2
(木)
137,9132.5145,5007,5875.5
表1:投資口価格上昇率TOP5(受渡日の寄付)

TOP1のスターツプロシードは10%超その他も5%超の上昇となりました。

時期としては2月が多く(5銘柄中2銘柄)、日付は全て2日ですが、J-REITは月初めの2日に受渡日を設定するPOが多いためです。

2022年2月は、年初から3月初めにかけて、日経平均が下落している真っ最中でしたので、ヘルスケア&メディカル三井不動産ロジパークは健闘したのではと考えています。

これらの銘柄を公募で購入できた方、おめでとうございます!

【受渡日当日の大引で売却した場合】投資口価格上昇率TOP5

まとめ

次に、発行価格で買って受渡日の大引で売却した場合の、投資口価格上昇率TOP5を見てみましょう。

順位銘柄投資対象受渡日発行(売出)
価格
(a)
[円]
ディス
カウント率
[%]
受渡日
終値(b)
[円]
上昇額
(b-a)
[円]
上昇率
[%]
ヘルスケア&
メディカル
(3455)
ヘルスケア
住宅
2/2
(水)
124,7642.5139,30014,53611.7
スターツ
プロシード
(8979)
住宅11/2
(水)
210,9412.5231,50020,5599.7
三菱地所
物流リート
(3481)
物流施設10/26
(水)
394,8752.5433,00038,1259.7
三菱地所
物流リート
(3481)
物流施設3/2
(水)
406,9652.5440,50033,5358.2
三井不動産
ロジパーク
(3471)
物流施設2/2
(水)
545,1902.5579,00033,8106.2
表2:投資口価格上昇率TOP5(受渡日の大引)

ここでは、ヘルスケア&メディカルがTOP1に浮上しています。そして、すべての銘柄は6%超の上昇を見せています。

そして、物流施設を投資対象としているJ-REITが3銘柄ランクインしています。昨今の巣ごもり需要によるEC販売が物流施設の重要性を際立たせていますね。

三菱地所物流リートは昨年3月と10月の2回POを実施したのですが、2回ともランクインしています。

また、オフィスビルに投資している銘柄は1銘柄もランクインしていません

【分売日1週間(5営業日)後の寄付で売却した場合】投資口価格上昇率TOP5

まとめ

次に、発行価格で買って受渡日の1週間(5営業日後)の寄付で売却した場合の、投資口価格上昇率TOP5を見てみましょう。

順位銘柄投資対象受渡日発行(売出)
価格
(a)
[円]
ディス
カウント率
[%]
受渡日
終値(b)
[円]
上昇額
(b-a)
[円]
上昇率
[%]
三菱地所
物流リート
(3481)
物流施設10/26
(水)
394,8752.5455,50060,62515.4
ヘルスケア&
メディカル
(3455)
ヘルスケア
住宅
2/2
(水)
124,7642.5138,60013,83611.1
スターツ
プロシード
(8979)
住宅11/2
(水)
210,9412.5232,80021,85910.4
三菱地所
物流リート
(3481)
物流施設3/2
(水)
406,9652.5439,00032,0357.9
平和不動産
リート
(8966)
オフィス
住宅
6/2
(木)
137,9132.5148,70010,7877.8
表3:投資口価格上昇率TOP5(受渡日の1週間(5営業日)後の寄付)

ここでは、10%超の上昇率の銘柄が3銘柄と多くなっています。

そして、TOP5の顔ぶれは変わっていないですが、受渡日の寄付や大引よりも上昇率が高くなっており全ての銘柄は7%超の上昇率です。

まとめ

富士

2022年に公募増資・売出(PO)が実施されたJ-REIT(インフラファンド含む)の、受渡日以降の投資口価格上昇率は、次のような傾向があることが分かりました。

  • 受渡日の1週間(5営業日後)の寄付で売却した場合、TOP5は7%超の上昇率となっており、公募増資・売出(PO)の日本株と同じく、受渡日の寄付や大引で売却するよりも上昇率は高い
  • 投資口価格上昇率は、立会外分売で見られた「受渡日の寄付」<「受渡日の大引」<「受渡日の5営業日後」の傾向があった。
  • 投資対象は、「物流施設」が最も多い(15銘柄中7銘柄(47%))。
  • 昨今のコロナ禍で在宅勤務が増加していることを反映してか、「オフィス」に投資しているJ-REITの上昇率は高くない傾向(15銘柄中2銘柄(13%))。
  • 実施時期は、日本株は3月が最も多かった(15銘柄中11銘柄(73%))が、J-REITの場合は偏りはほどんどない

※ご参考:【2022年公募増資・売出】株価上昇率ランキング TOP5✨(日本株編)

以上、参考になればうれしいです✨

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

※株式投資の実際の売買は、自己判断、自己責任でお願いします。

タイトルとURLをコピーしました