【2022年公募増資・売出】株価上昇率ランキング TOP5✨(日本株編)

上昇公募増資・売出(PO)
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!

2022年に公募増資・売出(PO)が実施された銘柄の中で、一番利益が出た銘柄は何か?

受渡日当日と受渡日1週間後の株価上昇率を集計してみました。今回は日本株編(J-REITは除く)です。

最後までお付き合いいただけると嬉しいです💖

インターネットでお得に取引!松井証券

【受渡日当日の寄付で売却した場合】株価上昇率TOP5

株価指標

まずは、発行(売出)価格で買って受渡日の寄付で売却した場合の、株価上昇率TOP5を見てみましょう。

※売買手数料は考慮していません。

順位銘柄業種受渡日発行(売出)
価格
(a)
[円]
ディス
カウント率
[%]
受渡日
終値(b)
[円]
上昇額
(b-a)
[円]
上昇率
[%]
ノーリツ
(5943)
金属製品3/22
(火)
1,3233.011,51218914.3
SRE
ホールディングス
(2980)
不動産3/22
(火)
2,4734.042,78030712.4
ミルボン
(4919)
化学3/25
(金)
4,9173.025,41049310.0
朝日放送
グループ
(9405)
情報・通信3/17
(木)
6703.04725558.2
野村総合研究所
(4307)
情報・通信12/12
(月)
3,0113.033,2402297.6
表1:株価上昇率TOP5(受渡日の寄付)

上位3銘柄は10%超となりました。

時期としては3月に集中しており(5銘柄中4銘柄)、日経平均が3月初旬に年初来安値をつけてから、3月末にかけて急上昇した時期と重なります。

地合いが良いと株価上昇率も高くなりますね!

これらの銘柄を公募で購入できた方、おめでとうございます!

【受渡日当日の大引で売却した場合】株価上昇率TOP5

まとめ

次に、発行(売出)価格で買って受渡日の大引で売却した場合の、株価上昇率TOP5を見てみましょう。

順位銘柄業種受渡日発行(売出)
価格
(a)
[円]
ディス
カウント率
[%]
受渡日
終値(b)
[円]
上昇額
(b-a)
[円]
上昇率
[%]
ノーリツ
(5943)
金属製品3/22
(火)
1,3233.011,49817513.2
ミルボン
(4919)
化学3/25
(金)
4,9173.025,3804639.4
朝日放送
グループ
(9405)
情報・通信3/17
(木)
6703.04730609.0
野村総合研究所
(4307)
情報・通信12/12
(月)
3,0113.033,2452347.8
都築電気
(8157)
情報・通信2/22
(火)
1,3453.031,432876.5
表2:株価上昇率TOP5(受渡日の大引)

ここでも、ノーリツ(5943)がトップ1です。

そして、都築電気(8157)がトップ5にランクインしました。

受渡日の大引で売却した場合は、寄付で売却するよりも少し上昇率を落としています

立会外分売とは逆の結果が出ていますね。

そして、業種別ですと5銘柄中3銘柄は情報・通信業となっており、傾向が出ています。

【分売日1週間(5営業日)後の寄付で売却した場合】株価上昇率TOP5

まとめ

次に、発行(売出)価格で買って受渡日の1週間(5営業日後)の寄付で売却した場合の、株価上昇率TOP5を見てみましょう。

順位銘柄業種受渡日発行(売出)
価格
(a)
[円]
ディス
カウント率
[%]
受渡日
終値(b)
[円]
上昇額
(b-a)
[円]
上昇率
[%]
SRE
ホールディングス
(2980)
不動産3/22
(火)
2,4734.042,80032713.2
朝日放送
グループ
(9405)
情報・通信3/17
(木)
6703.047497911.8
アネスト岩田
(6381)
機械1/26
(水)
7093.017918211.6
ノーリツ
(5943)
金属製品3/22
(火)
1,3233.011,46714410.9
ミルボン
(4919)
化学3/25
(金)
4,9173.025,43051310.4
表3:株価上昇率TOP5(受渡日の1週間(5営業日)後の寄付)

何とここでは、TOP5全て10%超の上昇率でした。

アネスト岩田(6381)が初登場でTOP3に入りました。受渡日からの株価の伸びが著しいです。

そして、受渡日の大引ではランク外だったSREホールディングス(2980)がTOP1に返り咲いています

また、業種は同じ業種は全くなく、ばらけています。

これらの銘柄を公募で購入できた方、おめでとうございます!

まとめ

まとめ

2022年に公募増資・売出(PO)が実施された銘柄(J-REITは除く)の、受渡日以降の株価上昇率は、次のような傾向があることが分かりました。

  • 受渡日の1週間(5営業日後)の寄付で売却した場合は、TOP5のすべての銘柄で10%超上昇している。
  • 株価上昇率は、立会外分売で見られた受渡日の寄付」<「受渡日の大引」<「受渡日の5営業日後」の傾向はなかった。
  • 業種別では、「情報・通信業」が多いが、立会外分売ほど傾向は顕著には現れず、業種には偏りはなかった
  • 時期としては3月が最も多く(15銘柄中11銘柄(73%))、日経平均が3月初旬に年初来安値をつけてから、3月末にかけて株価が急上昇した時期と重なり、全体的な相場のモメンタム(勢い)に影響する。

以上、参考になればうれしいです✨

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

※株式投資の実際の売買は、自己判断、自己責任でお願いします。

タイトルとURLをコピーしました