【自社株買いは買いか?】日本電気硝子(5214)

ディスプレイ株式投資

こんにちは!

直近で自社株式の取得を発表した銘柄に関して、この発表のタイミングで株を買った場合、利益を得ることができるのか?直近の経営状況や客観的な指標、株価モメンタム等を踏まえ、総合的に分析しました。

今回は、東証1部からガラス・土石製品業種の日本電気硝子です。

最後までお付き合いいただけるとうれしいです!

インターネットでお得に取引!松井証券

初株キャンペーン
  • 「自社株買い」とは?

上場企業が自らの資金を使って、株式市場から自社の株式を買い戻すことをいう。

日本証券業協会HP 金融・証券用語集

自社の株を買った後は、

  1. 買い戻した株式を消却する。(無効とする。)
  2. 金庫株としてそのままにしておき、いずれ資金調達などの目的で売却する。

の2通りあります。

自社株買いのメリットとデメリット

<メリット>

  1. 発行済み株式数が減るため、会社の利益総額が変わらなければ、1株当たり利益(EPS)が増えるので、企業価値が上がる=株価が上がる可能性がある。(配当とともに株主還元の一つ)
  2. 配当金の支払いが少なくて済む。(企業側のメリット)
  3. 敵対的買収の防衛策(株価が上がって敵対企業が株を買いにくくなることと、市場に出回る株数の割合が少なくなるため)
  4. ROE(株主資本利益率:ROE = 当期純利益 ÷ 自己資本×100(%))が上がる。
    • 自社株買いを行った場合、自己資金が減りますので、分母の「自己資本」が少なくなりROEが上がります。
  5. 自社の株価は割安だとメッセージを送ることができる。
    • 自社の株が安い時に買った方が、購入資金が少なくて済みます。(企業側のメリット)

<デメリット>

  1. 自己資金が減り、設備投資などの自社の成長に回せる資金が少なくなる。
  2. 自己資本比率(自己資本(総資本-他人資本)÷総資産) ×100)が下がる。

などがあります。

それでは、見ていきましょう!

自己株式取得の概要

電球

会社から発表された自己株式取得の概要は、表1のようになっています。

株数と金額の上限が設定されていますが、株価が上がれば、取得に必要な金額も大きくなりますので、予定の取得株数よりも少なくなることが多いです。

自社株買いの理由中期経営計画「EGP2021」の成果として、株主還元の充実を図るため
自社株買い発表日2021年9月29日(水)
取得期間2021年10月1日~ 2021年12月30日
取得株式の総数普通株式 500万株(上限)
発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合:5.17%
取得金額の総額100億円(上限)
取得方法東京証券取引所における市場買付
表1:日本電気硝子 自社株買い概要

取得数量は、発行済み株数(自己株式除く)の5.17%と自社株買いの数量としてはかなり多い数量※です。

※一概に言えませんが、目安として、5%以上:かなり多い、3%以上5%未満:多い、1%以上3%未満:ほどほど、1%未満:少ないとしています。

また、この銘柄の直近の出来高(売買が成立した株式の数量)の5日平均は14,660百株、25日平均は7,607百株(1,000百株を平均水準としています)ですので、流動性は高い水準です。

どんな会社?

ガラス

電子・情報分野の薄型パネルディスプレイ(FPD)用ガラスをはじめとする、特殊ガラス製品の製造・販売およびガラス製造機械の製作・販売をしている会社です。

製品・サービスとしては、以下の2つに分かれており、

  • 電子・情報・・・薄型パネルディスプレイ用ガラス、化学強化専用ガラス、光関連ガラス及び電子デバイス用ガラスの製造、販売等
  • 機能材料・その他・・・ガラスファイバ、建築用ガラス、耐熱ガラス、照明用ガラス、医療用ガラス、魔法ビン用ガラス及びガラスの製造機械類の製造、販売等

多様な製品のガラス素材の製造、販売を行っています。

2020年12月期通期の製品ごとの売上高構成比は、

  • 電子・情報 56.1%
  • 機能材料・その他 43.9%

となっており、ほぼ半々に分かれています。

直近の経営概況

経営状況

2021年12月期2Q(2021年1月~2021年6月)の経営成績】(2021年7月29日発表)

決算期売上高
[億円]
(前年同期比[%])
営業利益
[億円]
(同)
経常利益
[億円]
(同)
親会社の所有者に
帰属する純利益
[億円]
(同)
2020年12月期2Q累計1,154
(△13.5)
77.7
(△17.6)
68.9
(△21.0)
68.2
(24.2)
2021年12月期2Q累計1,423
(23.4)
153
(97.4)
228
(231)
135
(98.3)
2021年12月期通期会社予想2,950
(21.5)
340
(92.5)
400
(109)
270
(77.0)
通期予想に対する2Qの進捗率48.3%45.1%57.0%50.1%
表2:日本電気硝子 2021年12月期2Q経営成績

2021年12月期2Qの業績は、前年同期比 増収増益で、売上高は2割増、利益面は営業利益と純利益は2倍、経常利益は3倍にも達しており絶好調です。

昨年の2Qは前期比で減収だったのに比べ、今期は好調さがうかがえます。

通期予想(今回の自社株買いと同時に上方修正)に対する進捗率は、売上高、利益面ともに50%程度で順調です。

【2021年12月期2Qの状況、経営成績の要因】

新型コロナウェルス感染症の流行が経済活動に影響を及ぼしているものの、一部の地域ではコロナワクチン接種が進む中で回復の動きが見られ、

国内経済においても、雇用情勢や個人消費は弱いものの、設備投資や鉱工業生産については持ち直しの動きが続きました。

このような中、当2Q累計期間(2021年1月1日~6月30日)においては、ディスプレイや自動車部品向け高機能樹脂の旺盛な需要を背景に、主力の薄型パネルディスプレイ(FPD)用ガラス及びガラスファイバの出荷が増加し、医薬用管ガラスや他の製品も総じて堅調に推移したため、売上高は前年同期を上回りました。

損益面では、売上高の増加や稼働率の上昇、生産性の向上等により、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益ともに前年同期を大きく上回る結果となりました。

【セグメント別の業績】

製品別の業績は、表3の結果になりました。

セグメント売上高[億円]
(前年同期比[%])
電子・情報736
(15)
機能材料・その他686
(34)
表3:2021年12月期2Q  製品別業績

「電子・情報」「機能材料・その他」ともに好調で、特に「機能材料・その他」の売上高で前年同期比3割強増加しています。

電子・情報

FPD用ガラスは、旺盛な需要が継続する中、計画を上回る速さで第1四半期(2021年1月1日~3月31日)中に停電により停止した国内事業場の生産設備を立ち上げることができ、その他の拠点も着実に生産性が向上してきたことから、出荷は前年同期比で増加しました。

光関連・電子デバイス用ガラスは、光関連が減少したものの、家電や半導体、自動車部品向けが堅調であったことから、出荷は前年同期比で増加しました。

機能素材・その他

ガラスファイバは、自動車部品向け高機能樹脂用途等の強い需要に対し、昨年休止した生産設備の再稼働を進めたこと等により、出荷は前年同期比で増加しました。医薬用管ガラスは、感染症ワクチン容器向けを含め世界的に需要が旺盛な中、昨年生産を開始したマレーシアの新設備が寄与し、出荷は前年同期比で増加しました。耐熱ガラス及び建築用ガラスも前年同期比で増加しました。

【財政面の状況】

自己資本比率(自己資本(総資本-他人資本)÷総資産)×100)は、2021年12月期2Q末時点で72.0%と前期末(71.7%)から0.3ポイント増加しました。

自己資本比率の数値としても問題ないレベルです。(20%以上を安全圏内としています。)

また、2021年12月期2Q累計のキャッシュ・フロー(以下、CF)の状況は、営業活動によるCF 377億円の収入、投資活動によるCF 112億円の支出の結果、営業活動によるCFと投資活動によるCFを合計したフリーCF※は265億円のプラスとなりました。

フリー・キャッシュ・フロー:プラスの場合、会社が使える資金があることを意味し、マイナスの場合、会社が自由に使うことができる資金が少ないことを意味する。

前期(2020年12月期)2QのフリーCF(プラス78億円)から187億円改善しています。

【今期(2021年12月期)の見通し】

今回の自社株買い発表と同時に、通期業績予想を上方修正しています。通期予想は表4になっています。

売上高
[億円]
営業利益
[億円]
経常利益
[億円]
当期純利益
[億円]
1 株当たり
当期純利益

[円]
前回発表予想2,800280320210217.26
今回修正予想2,950340400270279.34
増減額150608060
増減率[%]5.421.425.028.6
表4:2021年9月29日発表 2021 年12月期通期連結業績予想

売上高は微増ですが、利益面は2割程度増額しています。

修正の理由は、

3Q(2021 年7月1日~9月 30 日)以降も、主力の薄型パネルディスプレイ(FPD)用ガラスやガラスファイバを中心に堅調な需要が続き、売上高、利益ともに前回予想を上回る見込みであるためとしています。

株価指標

株価指標

【9/30(木)終値時点の数値】

  • 株価:2,655円
  • 時価総額:2,642億円
  • PER:12.2倍

PERは、同業で時価総額が近い、AGC(5201) 11.0倍と比較すると、少し高い水準です。

  • PBR:0.52倍
  • 信用倍率(信用買い残÷信用売り残):8.95倍
  • 年間配当金(予想):110円(年2回 6月 50円、12月 60円)、年間利回り:4.1%(配当性向 39.4%) 

配当は年利回り 4.1%で、東証1部の単純平均1.78%(9/29時点) と比較すると2倍以上の高い水準です。

直近の配当金は、表5のようになっています。

1株当たり利益に関係なく、年々増配傾向となっており、

決算期1株当たり
年間配当金(円)
配当性向(%)
2016年12月期80160
2017年12月期9032.9
2018年12月期10064.8
2019年12月期100ー(赤字)
2020年12月期10063.4
表5:日本電気硝子 年間配当金推移

配当性向は、60%超の年もあり高い傾向です。

この会社は、

株主への利益還元は、業績の変動に大きく影響されることなく長期的に安定した配当を継続することを基本とし、株主資本配当率(DOE)2%以上を目標に、財務状況等を勘案しながら配当金額を決定することを基本方針としています。

【直近の株価動向】

<週足チャート(直近2年間)>

出所:楽天証券サイト

株価は、昨年のコロナショック時の安値(1,231円)を付けた後は、今年の4月末まで上昇トレンドで推移して、2,879円をつけました。

その後は、下落基調で推移していますが、現在はその安値から2倍以上の株価になっています。

<日足チャート(直近3か月間)>

出所:楽天証券サイト

直近の株価は、8/27に安値(2,302円)を付けた後は、安値を切り上げており上昇に転じつつあります。

今回の2021年12月期通期業績の上方修正と自社株買いが好感され、発表の翌営業日(9/30)は、窓を開けて出来高を伴い、前日比+245円(+10.2%)と大きく上昇しました。

この上昇で、上昇トレンドへの転換が鮮明になってきています。

まとめ

まとめ

【業績】

  • 2021年12月期2Qの業績は、主力のFPD用ガラスの旺盛な需要が継続しており、前年同期比 増収増益で、売上高は2割増、利益面は営業利益と純利益は2倍、経常利益は3倍となっており好調。
  • 2021年12月期通期予想に対する進捗率は、売上高、利益面ともに順調であり、通期の会社の業績予想は増収増益予想で、売上高は前期比 2割増、営業利益は2倍近くの増益としている。
  • 今回の自社株買いの発表と同時に、2021年12月期通期予想を、3Q以降も、主力の薄型パネルディスプレイ(FPD)用ガラスやガラスファイバを中心に堅調な需要が続いているため、当初予想から売上高は数%だが、利益面は2割以上の上方修正をしている。

【株主還元】

  • 配当の年利回りは4.1%で、東証1部の単純平均1.78%(9/29時点) と比較すると2倍以上の高い水準。
  • 株主還元の方針は、業績の変動に大きく影響されることなく長期的に安定した配当を継続しておりすることを基本とし、株主資本配当率(DOE)2%以上を目標としている。

【流動性・自社株買い数量】

  • 直近の出来高の5日平均は14,660百株、25日平均は7,607百株で、流動性は高い水準。
  • 自社株買いの株数は、発行済株式総数(自己株式を除く)の5.17%と多い水準。

【株価モメンタム】

  • 株価は、昨年のコロナショック時の安値(1,231円)から上昇トレンドで推移し、今年4月末に高値(2,879円)を付けた後は下落基調で推移。しかし、直近では安値切り上げの動きが出てきており、上昇基調に戻りつつある。
  • 今回の自社株買いの発表の翌営業日(9/30)は、窓を開けて大きく買われ前日比 +10.2%の高騰。今後はこの株価を基準に、上昇基調を決定的にする動きが予想できる。

以上のことから、

レベル(最低⭐~最高⭐⭐⭐⭐⭐)
業績⭐⭐⭐⭐⭐
配当を含む株主還元⭐⭐⭐⭐
株価モメンタム⭐⭐⭐
流動性⭐⭐⭐⭐
自社株買い数量⭐⭐⭐⭐
総合判定⭐⭐⭐⭐(買い)
※「総合判定」=⭐4つ以上「買い」、⭐3つ「中立」、⭐2つ以下「見送り」

と判断しました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

※株式投資の実際の売買は、自己判断、自己責任でお願いします。

インターネットでお得に取引!松井証券

初株キャンペーン
タイトルとURLをコピーしました