【立会外分売は買いか?】アドバンスクリエイト(8798)

保険株式投資

今回は、直近で立会外分売の実施を発表した銘柄に関して、買った場合、利益を得ることができるのか?直近の経営状況や客観的な指標、株価モメンタム等を踏まえ、総合的に分析しました。

最後までお付き合いいただけると嬉しいです!

  • 立会外分売とは?
新規株主を増やすことを目的として、上場会社が大株主である銀行やオーナー経営者などの保有株を小口に分けて、証券取引所の立会外で不特定多数に売り出すこと。
取引開始前など取引時間外(=立会外)に売り出されることからこのように呼ばれる。
  • 立会外分売の魅力
    • 前日終値より安く購入可能
      • 立会外分配における買付側の購入価格は確定値段(1本値)で、分売実施日の前日終値よりディスカウントされるのが一般的。過去の例では、約3~5%のディスカウントで実施されています(ディスカウント率は取引所の規定により最大10%)。
    • 買付手数料はかからない
      • 立会外分売による買付は、通常の立会時間内の取引と種類が異なるため一般的に手数料はかからない(売却時には通常の手数料が発生)。
    • 即日売却OK
      • 立会外分売で取得した株式は、実施日(買付当日)から売却することができる。
  • デメリット:抽選で外れることもある
    • 買い申し込みが多いと、抽選ではずれて購入できないこともある。

第1回目は、保険業種のアドバンスクリエイトです。

分売実施内容

流動性

実施期間や株数は以下です。実施予定日は幅がありますが、実際の実施日は、会社側が前日に発表します。最低100株の申し込みが必要で、最大1,000株まで申込できます。

分売実施予定日2021/5/21~2021/5/25
分売数量951,000株
申込単位数量100株
申込上限数量1,000株
実施の目的当社株式の分布状況の改善ならびに流動性向上を図るため

人気株は競争率も高く、申込しても抽選ではずれて購入できない場合も多いです。

抽選結果の確認までのドキドキ感もありますね!

事業内容

市場

ネット中心に、「保険市場(ほけんいちば)」を統一ブランドとし、保険にかかわるあらゆる情報とサービスを提供する企業=「金融情報サービス業」です。

具体的には、生命保険、損害保険および少額短期保険を販売している「保険代理店事業」、Webサイト「保険市場」の広告販売をしている「メディア事業」、広告運用(メディアレップ事業)の「メディアレップ事業」、医療保険等の再保険受託をしている「再保険事業」、顧客管理システム等のクラウドサービスの販売をしている「ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)事業」、保険の各種保全業務の受託をしている「BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業」があります。

2021年9月期2Q累計のセグメント別売上高比率は、

  • 保険代理店事業 72.3%
  • メディア事業 13.5%
  • メディアレップ事業 4.7%
  • 再保険事業 8.0%
  • ASP事業 1.5%

となっています。保険代理店事業が7割強を占めています。

直近の経営状況

ビデオ通話

2021年9月期2Q累計の経営成績は、

  • 売上高 57.8億円(前年同期比 3.6%増)
  • 営業利益 12.2億円(同 42.5%増)
  • 経常利益 11.6億円(同 41.7%増)
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益 7.6億円(同 37.4%増)

となっており、利益面が好調な成績となっています。上半期の通期予想に対する、営業利益の進捗率も約68%となっています。このままでいくと上方修正も期待できますね!

要因としては、保険相談に特化したビデオ通話システム「Dynamic OMO」が、2020年10月に直営コンサルティングプラザで運用を開始して以降、その利便性の高さで満足度が高く販売が好調であり、オンライン保険相談の収益性向上に貢献しています。

さらに、今年3月には「Dynamic OMO」の保険代理店のみならず、保険会社のコールセンターや保全部門にも活用で外部販売を開始し、保険業界全体のスタンダードシステムとしての地位確立を目指す、とのことです。

そのなかでも、セグメント別の売上高が大きい、保険代理店事業は、アポイント数の増加とオンライン保険相談の収益性向上により、直営コンサルティングプラザでの販売実績が前年同期を上回り、AI等を活用した効率的なWEBプロモーションの実施により原価率が低下し、増収増益となっています。
この結果、保険代理店事業の2Q累計期間の売上高は47.9億円(前年同期比 2.4%増)、営業利益 9.0億円(同 39.8%増)となっています。

株価指標

株価指標

5/19(水)終値時点の数値

  • 株価:870円
  • 時価総額:193.2億円
  • PER:17.09倍

PERは、同業で時価総額が近い、アイリックコーポレーション(7325) 30.6倍、NFCホールディングス(7169) 21.5倍と比較すると、低い水準となっています。

  • PBR:3.03倍
  • 信用倍率(信用買い残÷信用売り残):17.76倍
  • 年間配当金(予想):30円(年2回 3月(1株を2株に株式分割したため)30円(現在では実質15円) 9月 15円)、年間利回り:3.4%

※直近5年間は、以下のようになっています。

決算期年間配当金
2016年9月期47.5円
2017年9月期47.5円
2018年9月期50円
2019年9月期50円
2020年9月期50円
※アドバンスクリエイト 年間配当金推移

2020年9月期まで3年連続で配当金は50円でしたが、1株を2株に株式分割したため、現在の株価に換算すると1株 25円となりますので、会社側の予想は、昨年より実質5円増配ということになります。

週足チャート(2年間):

※出所:楽天証券サイト

株価は、昨年のコロナショックの下値(600円程度)から、一旦は倍以上になったのですが、直近ではその下値までの値幅の半値まで下落しています。

まとめ

判定

2021年9月期の業績は、上半期が終了した時点で営業利益は通期予想の約68%も達しており、このままいけば確実に通期計画は超過しそうです。そうなると最高益も見えてきます。

直近の業績は悪くはないのですが、5/19(水)時点の直近の株価は3日連続で大幅安となっており、業績はよいのに売られているといった状況です。おそらく、今回の立会外分売で、発行済み株式数の4.28%もの株が売り出されることを懸念してのことと思いますが、この時点で配当利回りも3.4%となっており、一定数の売りをこなせば、反転上昇も期待できると考えています。

立会外分売は、前日の株価から約3~5%ディスカウントされますので、今回の立会外分売は「買い」と判断しました。

※株式投資の実際の売買は、自己判断、自己責任でお願いします。

タイトルとURLをコピーしました