【結果検証:公募増資・売出(PO)は買いか?】ENECHANGE(4169)、WOWOW(4839)、リンクアンドモチベーション(2170)

結果検証株式投資

こんにちは!

直近で公募増資・売出(以下、PO)を実施した銘柄に関して、POに応募して買った場合、利益は出たのか?

受渡期日当日と受渡期日1週間後の結果を検証しました。

今回は、受渡期日が12/14(火)のENECHANGEWOWOW、12/15(水)のリンクアンドモチベーションです。

最後までお付き合いいただけると嬉しいです💖

インターネットでお得に取引!松井証券

初株キャンペーン

発行価格とその後の株価推移

株価指標

まずは、発行(処分)価格で買って1週間(5営業日)後まで保有した場合、含み益なのか含み損なのか?確認していきましょう!

銘柄受渡期日発行
価格[円]
ディス
カウント率
[%]
受渡日始値[円]
(増減[円])
受渡日終値[円]
(同)
1週間後
の始値[円]
(日付)
損益[円]
(増減率[%])
ENECHANGE
(4169)
12/14
(火)
5,584※8.014,470※
(-1,114)
4,160※
(-1,424)
4,205
(12/21)
-1,379
(-24.7)
WOWOW
(4839)
12/14
(火)
2,0193.031,992
(-27)
1,882
(-137)
1,821
(12/21)
-198
(-9.8)
リンクアンド
モチベーション
(4251)
12/15
(水)
6333.06565
(-87)
583
(-127)
540
(12/22)
-93
(-14.7)
表1:直近のPO銘柄の発行(処分)価格とその後の推移
※ENECHANGEは、12月末の1対2の株式分割前の価格

受渡期日の寄付又は大引けと1週間(5営業日)後の結果は、

全ての銘柄でどの段階でも損益マイナスの結果でした。大変残念です。

特に、ENECHANGEは、受渡日1週間後は、発行価格から25%も下落しています。

ちなみに私は、 ENECHANGEを100株補欠当選して購入し、現在も含み損を抱えながら保有中です。

それでは個別に見ていきましょう!

要因分析:ENECHANGE(4169)

エネルギー

この会社の2021年12月期3Qの業績は、前年同期比 増収増益で、売上高は7割、利益面は6割以上の増益の結果となっており好調でした。

今回のPO実施の発表と同時に、エネルギープラットフォーム事業が、特に新規ユーザー獲得数が想定以上に好調に推移し、エネルギーデータ事業も、当初見込み通り順調に進捗していることから、売上高は当初予想から1割強の上方修正をしており、勢いがありました。

ただ、利益面は、「オーベラス・ジャパン株式会社の株式の取得(子会社化)」や今回のPOの影響による費用増加のため、経常利益と純利利益は赤字予想となっていました。

株主還元は、配当金は、成長企業であるが故、財務体質の強化と事業拡大のための内部留保の充実を図り、設備投資等していくため創業以来無配でしたが、

PO発表時点では株価に勢いがあったため、将来的な企業成長ができれば、最大の株主還元になりうると考えていました。

株価は、昨年8月くらいから急激に値を上げ、ずっと上昇トレンドで推移していましたが、今回のPO発表の翌営業日(11/29)に窓を開けて売られました(前日比 1,500円安(-17.7%))。

しかしながら、その翌日以降は値を戻して、25日移動平均線より上をキープして推移していましたので、

まだ上昇トレンドは崩れておらず継続していると判断していましたが、その見方が甘かったですね。

ご参考(PO前の分析):【公募増資・売出(PO)は買いか?】ENECHANGE(4169)

【PO発表後の株価の動き】

<日足チャート(直近3か月)>

ENECHANGE結果チャート

PO発表後の株価は、4営業日ほどは25日移動平均線(赤線)の上で推移していましたが、これを下回った後は、下げ足を速め一気に下落しました。

現在(12/30時点)はもみ合いが続いていますので、今後上昇に転じていくのか、節目の4,000円(株式分割前の価格)を下抜けて下落継続なのか要注目です。

要因分析:WOWOW(4839)

サッカー中継

この会社の2022年3月期2Qの業績は、主力の有料放送の累計正味加入件数減少に伴い収入は減少し、前年同期比 増収減益で、売上は微増で利益面は8割程度の減益となっており、あまり元気がない状況でした。

ただ、テレマーケティング事業は、外部顧客からのテレマーケティング業務等外部売上が増加したことにより、前年同期比 増収増益で売上は1割強、利益は何と21倍も伸びており、明るい材料でした。

通期の業績予想に対する進捗率は、売上高、営業利益、経常利益はそこそこ、純利益は6割に達しており順調でした。

株主還元は、配当金は年利回り 2.4%(12/3時点) で、東証1部の単純平均1.98%と比較すると少し高い水準であり、

株主優待は、1年以上継続保有という条件はありますが、9月末に100株以上保有の株主に、①「視聴優待WOWOW視聴料3カ月分無料」または②「WOWOW特製QUOカード(2,000円分)」のいずれかがいただけ、①を選択した場合、配当金+株主優待の年利回りは6.1%にもなっていました。

株価は、今年4月までもみ合いで推移した後は、右肩下がりの下落トレンドで、直近(2021/12/3)では、コロナショック時の安値を割り込んで推移していましたので、勢いがありませんでしたね。

今回のPO発表の翌営業日(11/29)は、寄付は下げましたが、日中上昇して大きめの陽線をつけて前日比 17円高(+0.9%)で終了し、2~3営業日は上昇の動きを見せたのですが、結局25日移動平均線には届かず、下落トレンドが継続しました。

ご参考(PO前の分析):【公募増資・売出(PO)は買いか?】WOWOW(4839)

【PO発表後の株価の動き】

<日足チャート(直近3か月)>

出所:楽天証券サイト

PO発表後の株価は、処分価格等決定日(12/7)から、下落トレンドが継続しており、

処分価格等決定日以降は、需給悪化が改善されずに、下げ止まりを見せていない状況です。

要因分析:リンクアンドモチベーション(2170)

モチベーション

この会社の2021年12月期3Qの業績は、前年同期比 増収増益で、売上高は微増でしたが、利益面は5割程度の増益の結果となっており好調でした。

特に、個人開発ディビジョンは、オンライン受講の促進によって、IT、資格、英会話講座全てにおいて回復が見られ、売上収益は前年同期比で大幅に増加、売上総利益はオンライン化に伴う粗利率の改善が功を奏し、前年比5割増益の結果を上げていました。

通期予想に対する進捗率は、3Qの決算発表と同時に行った修正後の数値に対し、売上高は8割、利益面は通期予想を超過しており順調で、今後、上方修正もありうる状況です。

株主還元は、配当金は年利回り 1.1%(12/3時点) で、東証1部の単純平均1.98%と比較すると低い水準でした。

また、株主優待があり、1,000株以上かつ1年以上継続保有の条件でハードルが高いですが、1,000株保有の場合、年間 5,000円分のクオカードがいただけ、配当+株主優待の年利回りは1.8%です。

株価は、日足ベースでは、11/1に高値(1,232円)をつけた後は、下落トレンドで推移しており、今回のPO発表の翌営業日(11/30)は、需給悪化懸念からか窓を開けて出来高を伴い大きく売られ、下落が加速してしまいましたね。

結局、節目の600円を下抜けし、下げ基調が継続しています。

ご参考(PO前の分析):【公募増資・売出(PO)は買いか?】リンクアンドモチベーション(2170)

【PO発表後の株価の動き】

<日足チャート(直近3か月)>

出所:楽天証券サイト

PO発表後の株価は、結局、処分価格等決定日(12/7)以降も、だらだらと受渡日1週間後までは下げ続けました。

しかし、直近ではもみ合いが続いており、25日移動平均線(赤線)に近づいていますので、これを上抜けてくれば、上昇に転じてくる可能性はあります。

まとめ

まとめ

ENECHANGE(4169) 、WOWOW(4839)、リンクアンドモチベーション(2170)のPO予想と一週間(5営業日)後の株価は、

銘柄名事前予想結果(損益)
(「1週間(5営業日)後始値」
ー「発行価格」)
[円](%)
判定
ENECHANGE買い-1,379
(-24.7)
×
WOWOW中立-198
(-9.8)
×
リンクアンド
モチベーション
中立-93
(-14.7)
×
表2:事前予想と結果
※事前予想の「買い」は3%以上の上昇、「中立」は±3%、「見送り」は3%以上の下落を想定しています。

でした。

今回は0勝3敗、勝率0.000の結果でした。大反省ですm(_ _”m)

どの銘柄も、発行(処分)価格からほぼ10%超の下落ということで、散々な結果でしたね。

特に ENECHANGEの株価は、PO発表前までは順調に右から上がりの上昇を続けていたのですが、PO発表後は急落を演じてしまいました。

今後の株価動向ですが、

ENECHANGEは、業績は、売上高が2021年12月期通期で前期比7割増の予想となっており、伸び盛りの会社です。

個人的な願望も入っていますが、1,900円(株式分割後の価格)近辺で下げ止まり、上昇に転じてくれることを祈っています。

WOWOWは、まだ上昇基調に転換とまではいかないですが、上昇の兆しは見せています。

今後、25日移動平均線の上抜けに再挑戦して、上昇に転じることに期待です。

リンクアンドモチベーションは、直近ではもみ合い状態で、25日移動平均線に近づいています。

業績は好調ですのでこれを上抜け上昇基調に転じることに期待です。

参考になればうれしいです✨

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

※株式投資の実際の売買は、自己判断、自己責任でお願いします。

現物キャンペーンバナー
初株キャンペーン
タイトルとURLをコピーしました