7月権利 20万円以下で購入できる!配当と合わせた利回りが魅力的な株主優待株3選

7月株式投資

今回は、7月権利確定銘柄の中から、20万円以下で購入可能な、株主優待+配当の年利回りが高い魅力的な銘柄を3つご紹介します。

権利付最終日は、2021年7月28日です。

※利回りは、2021年5月14日(金)終値で算出しています。

※株主優待の価値相当の金額が算出不能の場合のものは、省略しています。

2353 日本駐車場開発 株主優待+配当利回り 4.4%

駐車場

駐車場に関する総合コンサルティングの会社です。日本スキー場開発の親会社でもあり、スキー場や那須ハイランドなどのテーマパークも運営しています。

直近の2021年7月期2Qの経営状況は、累計で、

  • 売上高 120.4億円(前年同四半期比 1.7%減)
  • 営業利益 17.5億円(同 12.2%減)
  • 経常利益 18.2億円(同 9.2%減)
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益 12.8億円(同 15.1%減)

となっており、いずれも昨年より減少しています。

主に、2021年1月の緊急事態宣言の発令によるスキー場来場者の減少によるものです。

株価5/14(金)終値 153円、配当取りで必要な金額(1,000株):153,000円(売買手数料を除く)

株主優待内容(7月末のみ):

  1. 時間貸し駐車場の1日駐車料金30%割引券 5枚
  2. 北海道キャンピングレンタカー「Do Camper」車両貸渡料金30%割引券 2枚
  3. 那須ハイランド割引券2枚(各種割引適用、1枚で4名様ご利用可)
  4. 那須高原りんどう湖ファミリ―牧場割引券2枚(各種割引適用、1枚で4名様ご利用可)
  5. 日本スキー場開発が運営するスキー場のリフト利用割引券3枚(1枚で5名様ご利用可)
  6. スキー場近隣温泉施設の割引チケット 1枚(1枚で5名様までご利用可)
  7. 「スパイシーレンタル」レンタル割引券 3枚(1枚で5名様ご利用可)

と、盛りだくさんの優待内容となっています。

優待の金額は、

  • 時間貸駐車場 600円割引×2回分=1,200円
  • スキー場 リフト割引券 1,500円割引×2名=3,000円
  • グリーンシーズン ゴンドラ 1,050円割引×2名=2,100円

の計 6,300円で計算しています。当然、使いようによってはこれよりお得な優待です!

株主優待+配当の年換算利回り(1,000株):4.4%(配当のみ:3.1%(年間:4.75円))

配当は、過去5年間少しづつですが増配をし続けています。企業努力を感じます。

決算期年間配当金
2016年7月期3.5円
2017年7月期3.75円
2018年7月期4円
2019年7月期4.25円
2020年7月期4.5円
※日本駐車場開発 年間配当金推移

週足チャート(2年間):

※出所:楽天証券サイト

株価は、コロナショック前の高値に届いていませんが、週足は上昇基調で推移しています。今後、7月末に向けて、配当取りと株主優待で取りで上昇していく可能性は十分あると思います。

7614 オーエムツーネットワーク 株主優待+配当利回り 4.2%

精肉

中国地方発祥の精肉小売業の会社です。そのほかにも、総菜小売や焼肉などの外食事業も展開しています。

直近の2021年1月期通期の経営状況は、

  • 売上高 295.8億円(前年同期比 1.3%減)
  • 営業利益 13.7億円(同 28.3%増)
  • 経常利益 16.5億円(同 33.2%増)
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益 6.9億円(同 1.5%増)

と、減収増益の結果となっています。

食肉事業は増収(前年同期比 11.8%増)ですが、緊急事態宣言の影響により、外食事業は減収(同 34.9%減)となっています。外食の落ち込みが業績に影響しています。

今期(2022年1月期)の会社側の予想は増収減益となっています。

株価5/14(金)終値 1,278円、配当取りで必要な金額(100株):127,800円(売買手数料を除く)

株主優待内容(年2回 7月、1月):

  • 【100株以上】自社オリジナルギフト商品(和牛肉、ハム、ソーセージ等)を30%の割引価格で販売
  • 【500株以上】時価3,000円相当の商品もしくはアウトバックステーキハウス食事券
  • 【1,000株以上】時価5,000円相当の商品もしくはアウトバックステーキハウス食事券

優待の金額は、100株以上で、5,000円相当の商品を購入した場合の割引額1,500円で計算しています。

株主優待+配当の年換算利回り(100株):4.2%(配当のみ:1.9%(年間:24円))

過去5年間の配当金推移は、年間24円で変動なく、配当性向も25%前後と安定しています。

決算期年間配当金
2017年1月期24円
2018年1月期24円
2019年1月期24円
2020年1月期24円
2021年1月期24円
※オーエムツーネットワーク 年間配当金推移

週足チャート(2年間):

※出所:楽天証券サイト

株価は、直近では1,200円~1,400円のレンジで推移しています。大幅な上昇は見込めないかもしれませんが、大幅な下落も可能性は低い銘柄といえます。

3172 ティーライフ 株主優待+配当利回り 4.0%

健康茶

人生100年時代を健やかに過ごすためのトータルな健康サポートを事業の柱として、健康茶の他、サプリメント等の健康食品、美容雑貨、基礎化粧品等の通信販売を、カタログ、WEBサイトにて行っている会社です。

直近の2021年7月期2Qの経営状況は、累計で、

  • 売上高 56.1億円(前年同四半期比 10.5%増)
  • 営業利益 4.6億円(同 78.2%増)
  • 経常利益 4.7億円(同 64.7%増)
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益 3.9億円(同 73.5%増)

となっており、業績は好調です。

通信販売業界は、巣ごもり消費ニーズの高まりを背景にEC(電子商取引)を中心に好調に推移するものの、参入企業の増加等で競合他社との競争が激化する様相ですが、健康・美容関連商品の通信販売は、消費者の生活様式の変化をふまえ、スマホアプリやLINEを活用した販売促進やキャッシュレス決済導入に係るシステム改版などによるデジタルシフトを推進。

卸売事業は、主力商品の高麗人参エキス配合のサプリメントが好調に推移したほか、化粧品が売上拡大に貢献しています。

株価5/14(金)終値 1,348円、配当取りで必要な金額(100株):134,800円(売買手数料を除く)

株主優待内容:優待特選商品又は自社商品(7月のみ)

  • 【100株以上】1,000円相当
  • 【500株以上】2,000円相当
  • 【1,000株以上】3,000円相当

株主優待+配当の年換算利回り(100株):4.0%(配当のみ:3.3%(年間:44円))

配当は、配当性向30%を目途に、毎期安定配当を継続していくことを基本方針としています。

過去5年間の配当金推移は、

決算期年間配当金
2016年7月期28円
2017年7月期34円
2018年7月期34円
2019年7月期20円
2020年7月期30円
※ティーライフ 年間配当金推移

週足チャート(2年間):

※出所:楽天証券サイト

株価は、昨年のコロナショックからアップダウンはあるものの、下値切り上げで上昇しています。市場の評価が徐々に高まっているイメージです。今後の株価も期待できますね!

まとめ

まとめ

スキーやスノボーをされる方や、山の自然の空気を吸いに行き癒されたい方は「日本駐車場開発」、

美味しいお肉がいただきたい方は、「オーエムツーネットワーク」

健康に気を使っている方は「ティーライフ」と、

優待内容によってチョイスして、どれもうれしい優待内容です💖

配当も、日本駐車場開発は連続増配をしていますし、テーライフは配当利回りが3.3%と魅力的ですね!

※株式投資は、自己判断、自己責任でお願いします

タイトルとURLをコピーしました