6月権利確定 20万円以下で購入可能な食事券がもらえる株主優待株3選+1

株式投資

今日は、6月権利確定の20万円以下で購入できる、株主優待+配当金の合計で年利回りが魅力的で食事券がいただける日本株3銘柄をご紹介します。

日本全国にチェーン店を展開している企業で、株主優待+配当金を年利換算して大きい順に銘柄を抽出しました。(4/12終値時点の計算)

株主優待をゲットし、ご家族やご友人と楽しい食事のひとときを過ごされてはいかがでしょうか。

※すかいらーくホールディングス(3197)は、先日、日本マクドナルドとの比較記事に掲載していますので、除いております。

3053 ペッパーフードサービス 株主優待+配当の年利回り:6.7%

「いきなりステーキ」を展開している、皆さんご存知の会社です。昨今の業績は「いきなりステーキ」を急激な拡大が重しとなり、業績が悪化しています。店舗は純減が続いており、「ペッパーランチ」事業は2020年8月に売却しています。業績が悪いだけに、現在の株価は底値圏です。

株価4/12(月)終値 298円、配当取りで必要な金額(100株):29,800円

株主優待内容:優待食事券 1,000円相当(500円券 2枚、300株以上で500円券 6枚又は自社商品ハンバーグ(ペッパーライス)1セット)

株主優待+配当の年換算利回り(100株):6.7%

資金に余裕がある方は、300株購入しても利回りは100株と同じですので、検討されても良いかと思います。

2752 フジオフードグループ本社 株主優待+配当の年利回り:4.4%

大衆セルフ食堂「まいどおおきに食堂」や、串揚げ食べ放題の「串屋食堂」を全国展開している会社です。最近の株価は、まだコロナ前の水準に達していませんが、上昇基調で推移しています。2021年12月期の業績見通しも、営業利益は通期で黒字回復を見込んでいます。

株価4/12(月)終値 1,429円、配当取りで必要な金額(100株):142,900円

株主優待内容:優待食事券 3,000円相当(300株以上で6,000円相当、1,000株以上で12,000円相当)

株主優待+配当の年換算利回り(100株):4.4%

3196 ホットランド 株主優待+配当の年利回り:2.7%

たこ焼き「築地銀だこ」が支柱で、たい焼き「銀のあん」も展開しています。台湾、香港などアジアの国々を軸に海外展開もしています。

2021年12月期は復配(年間配当:5円)の予定となっており、「築地銀だこ」のドライブスルー業態やテイクアウト型の酒場業態である「銀だこ酒場」の展開に積極的に取り組むことになっています。

株価4/12(月)終値 1,310円、配当取りで必要な金額(100株):131,000円

株主優待内容:優待食事券 1,500円相当(500株以上で7,500円相当、1,000株以上で15,000円相当)

株主優待+配当の年換算利回り(100株):2.7%

【番外】2762 三光マーケティングフーズ 株主優待+配当の年利回り:30.8%

株主優待+配当の年利回りが高いのですが、使える地域が限られている(店舗は、東京、神奈川、埼玉、中部関西、北陸)のと、6か月以上継続保有が必要なので、番外とさせていただきました。お近くにお店がある方はかなりお得な内容となっています。

「金の蔵」など居酒屋チェーンを展開している会社。焼き鳥業態を育成中です。

直近の株価は、日足、週足共に下落基調ですが、底値圏ですので今購入しても良いかもしれません。

株価4/12(月)終値 260円、配当取りで必要な金額(100株):26,000円

株主優待内容:①優待食事割引券 30%割引券 1枚(10,000円分食事した場合に3,000円相当、200株以上2枚、500株以上3枚)と②「東京チカラめし」応援カレー2食分(200株以上3食分、500株以上4食分)

※6月と12月の株主名簿に連続2回以上(半年以上)記載されないと獲得できません。

※長期保有で、優待内容が増えます。詳しくは、企業IRページへ。

株主優待+配当の年換算利回り(100株):30.8%

※食事割引券は10,000分食事した場合の割引額(3,000円)、カレー2食分を1,000円として計算しました。

まとめ

6月権利の食事優待銘柄の中では、3053 ペッパーフードサービスがお得感がありますが、2762 三光マーケティングフーズの店舗がお近くにある場合は、こちらも検討してはいかがでしょうか。

※株式投資は、自己判断、自己責任でお願いします。

タイトルとURLをコピーしました